2019年7月8日月曜日

7/5 新パタヤ警察署長が新ガイドラインを示す【20歳未満の雇用禁止】

アルコール提供店において
【20歳未満の雇用禁止】

【レポ】
 https://thepattayanews.com/2019/07/06/pattaya-police-meet-with-local-entertainment-owners-after-raids-lay-out-rules-and-guidelines/

ほとんど以前から示されている内容だが、
1.Strictly no customers under the age of twenty in a venue that sells alcohol.
2.Follow your license closing times to the letter. Staying open past your licensed closing time, which differs depending on the type of business and area it is located, will result in legal enforcement.
3.No staff under the age of twenty may work in a venue that sells liquor.
4.Drugs and Drug usage will not be tolerated.
5.Weapons will not be tolerated.
6.Violence, in general, will not be tolerated. Security, management, and bouncers are not to resolve situations themselves if a patron resorts to violence, police must be called.

【会議出席者からの情報を含めた解説】
 ↓以下「アルコール提供店において」↓
 今までも20歳未満の客の入店は一応禁止されていた[1.]
 但し、従業員として働く場合は18歳以上ならお咎めなしだった(例;18歳のゴーゴー嬢やビアバー嬢)。
 今回、「従業員として働く場合も20歳以上」とされた[3.]

 以前から一部地域の担当さんは「20歳未満の雇用はダメ」だった。
 今回、新パタヤ警察署長が管轄全域において、「20歳未満は、客でも従業員でも一切ダメ」を示した。

工事休業【ノーティーガールズ】

【レポ】
 休業理由と再開予定日はサポーターページツイート。

休業中だが、明かりが灯り、スタッフ会議中