2019年6月30日日曜日

6/30(日) ピンナップ バックトゥースクールパーティー案内と嬢写真

6/30(日) ピンナップ バックトゥースクールパーティー案内と嬢写真











2019年6月29日土曜日

6/22(土) ナイスレポと嬢写真

【日時】
 2019/6/22(土) 22:30
【ダンサー数】
 ボード確認22人
【レポ】
 伝票番号20番。
 コヨーテ2チームとモデル1チームの計3チーム。

 顔見知りの某ナイトスポット嬢が移籍していたので入店。
 見た感じに近い不思議ちゃんで「女が好き。処女」とのこと。
 ドリンク(160バーツ)の飲み方が早い。 男にとっては性悪女と判定し、2杯でリリース。



2019年6月28日金曜日

6/24から工事休業中なのだが、間が悪いカワイイバー

【レポ】
 6/24に手入れを受けシャッターを下ろしたカミングバー。
 斜め向かいにあるカワイイバーは、同じ日から工事休業に入った。
 偶然とはいえ、間が悪い。 カワイイバーの嬢達はS50ネイチャーバーに仮移籍している。

 ソイ6地図

工事休業のカワイイバー

2019年6月26日水曜日

6/24(月) ソイ6 S40 Coming Bar(カミングバー)に手入れ

【6/24(月) ソイ6 S40 Coming Bar(カミングバー)に手入れ】
 ソイ6地図
 http://www.pattayagogos.net/map/Map_Soi6.htm
【レポ】
 未成年者雇用(17歳が1人)のため。
 泰中台経営陣のうち、中台2人の国外追放処分と再入国規制リスト入りが早々に決まった(タイ国内での処分終了後)。
 また、5年間の店舗使用禁止処分も科されるが、直近の例では、他者が購入して店名を変更し、営業を開始している。

手入れ後のカミングバー

2019年6月25日火曜日

6/18(火) オープン【Angel(エンジェル)】

【日時】
 2019/6/18(火) 21:25
【ダンサー数】
 ボード確認60人(その他PR10人以上)
【レポ】
 伝票番号40番。
 スーパーガールの内装を変え、きれいなゴーゴーバーとしてオープン。
 しかし、狭い上段席は袋小路になっている部分が長く、トラブルが起きやすそう。
 音量は大きく鬱陶しい。 耳栓代わりにティッシュを耳に詰め込むファラン客がいた。
 ティッシュの外の部分は広げ、大きな耳のようになっている。 無言の抗議ってやつ。

 コヨーテとモデルが各2チームで15分交替。
 入店直後から「中国人がステージに上がってばら撒く」が何度か繰り返された。
 これが続けば嬢が定着し、パンダのような人気店になる可能性がある。
 同行者は10分で退散したが。

 最も安いドリンクのドラフトビールは99バーツ、ジョッキはサファイアクラブやアトランティス同様の大きさ。
 レディドリンク170バーツ、モデルドリンク220バーツ。

オープン初日の6/18 


ソイ15にも出入口がある

2019年6月24日月曜日

第二期工事開始【ダイヤモンド】

【レポ】
 第一期の工事が終了し、シュガーベイビーが移転して来たダイヤモンド。
 ウインドミル系列らしくなるために、いよいよ第二期工事が開始となった。 何がどうなるのかはお楽しみに。



2019年6月23日日曜日

6/18(火) 休業【その他のゴーゴーバー】Romantic House(ロマンチックハウス)

【休業】
 2019/6/18(火)
【その他のゴーゴーバー】
 Romantic House(ロマンチックハウス)
 行き方・距離・所要時間等はピンポイント地図 個別ページ
 http://www.pattayagogos.net/Pattaya_Map/GoGo/Romantic_House.htm
【レポ】
 予想通りと言うべきか。

2019年6月22日土曜日

6/22(土)【サファイアクラブ】ジェリーのバースデーパーティー案内と嬢写真

6/22(土) (ゲリーじゃなく)ジェリーのバースデーパーティー案内と嬢写真










2019年6月21日金曜日

6/14(金) オープン【パーティーガールズ】

【日時】
 2019/6/14(金) 21:20
【ダンサー数】
 ボード確認51人(うちPR8人)
【レポ】
 伝票番号16番。
 オープン初日。 ソファー席はなく丸テーブル席のみ。 全体的に造りが安っぽい。

 コヨーテ3チームと「そのうちトップレスになる」モデル1チーム。
 開店御祝儀狙いの見慣れた顔が並ぶ。 彼女らは「またコイツかよ」と考えているだろうが。
 リッチオープン時と比較するとレベルは高い。

 オーソドックスなステージ。 現時点ではステージ照明が明るいのでよく見える。
 音楽は途切れたり、音量が小さくなったり、爆音になったりで不安定。

 ドリンク進呈はLKメトロのゴーゴーバーから来た顔見知りの嬢に。
 LKではコヨーテだったが、プレイガールズではモデルになって(そのうち)露出度アップ。
 メニューではモデルドリンクは「200バーツ」となっていたが、請求金額は通常レディドリンクの160バーツ。 2杯とも。
 最低ドリンク代は表示では100バーツだが、請求金額は95バーツ。

 エアコンが効かないくらい女がたくさんいた。
 すぐにエアコンが効きすぎる人数になってしまうかもしれないので、今がお得。

【2日後(6/16)】
 伝票請求金額もモデルドリンクは200バーツに、最低ドリンク代は100バーツに訂正された。
 モデルは6/15からトップレスに。

 パーティーガールズに来る前に、同行者が某店人気嬢A(シリコンを入れたばかり)にドリンク進呈した。
 その某店内にはパーティーガールズ経営陣の一人であるBがいた。
 それから30分後、BはAを連れてパーティーガールズにやって来た。 仁義なき引き抜き作戦開始。

 逃げ足の速いPRを中心に女はさらに増えた。 店内はまだ暑い。


2019年6月20日木曜日

6/23(日) ピンナップ (おなじみ)レザーナイト案内と嬢写真

6/23(日) ピンナップ (おなじみ)レザーナイト案内と嬢写真





2019年6月19日水曜日

6/22(土) クラブミスティーズ ウィグパーティー案内と嬢写真

6/22(土) クラブミスティーズ ウィグパーティー案内と嬢写真





2019年6月18日火曜日

6/13(木) ウインドミル系列となったダイヤモンド(旧シュガーベイビー)

【日時】
 2019/6/13(木) 22:30
【ダンサー数】
 ボード確認40人
【レポ】
 伝票番号58番。
 「遅くとも5/31までに開始」の予定だったが、シュガーベイビーからそっくりそのまま移ったのは6/10、本日はオープン4日目。
 かねてから両店の効率良いリンクのために「ウインドミル近くに」の希望を持ち続け、諸般の前提条件が満たされたので希望通りの移転となった。
 店名も「ダイヤモンドからアナベルズ復活等、、、」の案もあったが「おなじみの事情」によりダイヤモンドを引き継ぐことになった。

 「アレがないだろアレが」と思ったシュガーベイビー・ウインドミルファンは多いと思う。
 「アレは2か月以内に」意外な場所に設置予定となっている。

 ドリンク(180バーツ)進呈はシュガーベイビーを知らない、入店3日目の生粋の新ダイヤモンド嬢。
 「こいつバカ?」と思ってしまうほどシステムも何も知らない。 やはり新人の宝庫。



2019年6月17日月曜日

2017年4月に遡って(カジノ)クリームクラブの閉店を認定

【レポ】
 2018年3月末再開を目指し、一時は工事に着手したがすぐにうやむやに。
 系列店の老舗ダイヤモンド閉店と同時にクリームクラブの看板を下ろした。
 しかし懲りずに、また昔日の夢を追おうとしている(サポーターページ)。

2019年6月16日日曜日

6/19(日) ピンナップ 着物(チャイナドレス)ナイト案内と嬢写真

6/19(日) ピンナップ 着物(チャイナドレス)ナイト案内と嬢写真