2018年6月12日火曜日

6/14(木)~ アイアンクラブ、Le Pub(ルパブ)など【2018 FIFAワールドカップ ライブ観戦】

【2018 FIFAワールドカップ ライブ観戦】
【レポ】
 6/14(木)から始まる2018 FIFAワールドカップ。
 ビッグイベントなので、パタヤ全域で簡単に楽しむことができる。

バチェラー店内では飾り付けがあるが、テレビモニターがない。

系列のアイアンクラブでは「大型スクリーン(嬢の背後)でライブ放映する」

そのまま、人気の日本応援嬢と祝杯を挙げるも良し

 ウォーキングストリートエリアで一番力を入れているのは、やはりLe Pub(ル パブ)
 行き方・距離・所要時間等はピンポイント地図 個別ページ

 サッカーの母国イングランド出身で、サカキチとして有名なフィルがボスのビアバー。
 イングランド戦観戦は近寄り難いバーとなるが、日本戦観戦なら絶好のバーとなる。
ゴーゴーバーは営業時間の制限があり、全試合放映はできないが、Le Pub(ル パブ)では「ウォーキングストリートエリア最大のテレビ(75インチ)で、全試合を4K放映する」。

6/5(火) スーパーガールレポと嬢写真

【日時】
 2018/6/5(火) 20:55
【ダンサー数】
 ボード確認・目視共に33人(うちPR8人)
【レポ】
 伝票番号5番。
 明るいヘブンアバブから移動してきたが、スーパーガールのステージ照明はもっと明るい。
 これなら連れ出し時の「アレッ?誰?」はないはず。
 壁や天井などの「ベニヤ板感」も漂ってしまうが。

 立ち位置の回転速度は遅い上に、同一ルートをたどらない。
 センセーションズのシャキシャキ感と比較にならないテキトーダラダラ感。

 トップレスチーム12人はイマイチレベル。 明るいステージ照明が不要。
 例外もいるが、ビキニチームのレベルはアップ。
 なんといっても注目度ナンバーワンは727番。 明るいステージ照明に映える。
 いわゆる「色白、スレンダー、巨乳、天然体でタトゥーなし」、ただクールビューティってやつで表情は乏しい。
 ルックス面で競合嬢が多いパレス・タントラなど一部を除き、殆どどこに行ってもいきなり「人気嬢トップ3」入りは間違いなし。