2018年6月9日土曜日

6/8,9の進行状況→6/8(金),9(土)【Pattaya International Fireworks Festival 2018(パタヤ国際花火大会2018)】

 2016年は前国王逝去のため中止。
 2017年は前国王火葬式関連支出で予算がなくなった内務省からの補助が得られず、開催見送りとなったパタヤ国際花火大会。
 2018年は、例年より半年ほど早い時期の開催となった。
 6/7、パタヤ湾には打ち上げ台船が準備万端状態で待機している。

パタヤ市の公式案内


 公式スケジュールでは両日共、
 19:30 オープニング花火
 19:40 第一部開始
 21:30 第二部開始
 となっているが、過去の例からすると、スケジュールはテキトー。
「あれっ、もう上がらないの?さっきので終わりか」と思って撤収するとドカーン!など、基本パターンは「進行が遅れる」。
 今年はどんなフェイントで笑わせてくれるのだろうか。

6/8の進行状況(遅れは通常レベル)
 20:05 オープニング花火(35分遅れ)
 20:20-30, 20:36-46 第一部開始(40分遅れ)
 21:58-22:08, 22:13-18 第二部開始(28分遅れ)

6/9の進行状況(「遅れ」が当たり前)
 19:57 オープニング花火(27分遅れ)
 今日は前日よりオープニングが8分も早い。「きっと第一部開始も早まるぞ」と思ったら、フェイントをかけてきた。
 20:32-42, 20:48-58 第一部開始(52分遅れ)


6/8(金)【花火大会のどさくさ紛れで「偽警官」が罰金徴収】

【花火大会のどさくさ紛れで「偽警官」が罰金徴収】
【日時】
 2018/6/8(金) 22時
【場所】
 ウォーキングストリート(ストリートビューはサポーターページツイート)
【だました人】
 偽警官(正体はサポーターページツイート)
【だまされた人】
 ウォーキングストリートで煙草の吸殻をポイ捨てした日本人
【現金を渡した場所】
 ウォーキングストリート(ストリートビューはサポーターページツイート)
【レポ】
 https://pgnet-pattayagogos.blogspot.com/2017/10/2000.html
 偽警官と呼ぶにはほんの少し抵抗があるが、罰金を徴収する権利の無い「それらしき制服の偽警官」が、正規の手続きを経ずに、日本人旅行者から2,000バーツをゲット!
 本来ならば、こんな感じで書類記入を行う(有名なバンコクスクンビット)。
 https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/travel/10280/1418301939/53
 https://bgnet-bangkokgogos.blogspot.com/2017/11/2000.html

 この日は花火大会があり、取り締まりができる正規の警察官のほとんどが、花火会場周辺へと配備された。
 その空白地帯、人ゴミの中で、「あんた、これしたよ」とスマホに保存した『ポイ捨て罰金2,000バーツの写真』を見せた。
 途中で国籍確認などをしながら、声掛け現場から700メートル離れた「監視カメラの死角」まで連れて行き、路上に座って「罰金」徴収。

 この場合、不正を訴えても「ポイ捨て」自体は事実なので、不正を訴えた者は正規に2,000バーツを徴収された上に、長時間又は数回に分けての調書を取られる可能性がある。
 「短時間で済んだ」と考えるしかない。

6/9(土) アトランティス グランドオープニングパーティー案内と嬢写真

6/9(土) アトランティス グランドオープニングパーティー案内と嬢写真