2018年1月31日水曜日

2/1(木) タントラ (おなじみ)カウガールズパーティー案内と嬢写真

2/1(木) タントラ (おなじみ)カウガールズパーティー案内と嬢写真














1/28(日) アイアンクラブレポと1/24スタッフパーティー写真

【日時】
 2018/1/28(日) 21:35
【ダンサー数】
 目視29人(その他PR4人ほど)
【レポ】
 伝票番号15番。
 2チームでトップレス11人、コヨーテ14人、全裸バスタブ嬢4人。
 嬢数は少ないが、レベルは高い。

 バスタブエリアのおバカ騒ぎは韓国人オヤジの「パンツ一丁でバスタブ乱入」から始まった。
 続いて、ファラン兄ちゃんが「全裸嬢2人による泡股ヘッドロック」攻撃を受けた。
 そんな様子を楽しそうに見ていた日本人女性(男女4人組?の1人)が、タイ人サービス(男)のパンツに手を入れ「入れた手の匂いを嗅ぐ仕草」でサービスを歓喜させた。

 バスタブ嬢交替と同時に、客も入れ替わった。
 新しく入ってきた日本人グループも「全裸嬢2人による泡股ヘッドロック」攻撃を受け、1人はフルチンでバスタブ嬢の愛撫を受けた(おっきくはならなかった)。
 フルチン日本男児は「マンコスプラッシュビール」も浴びるように飲んだ(飲まされた)。

 そのグループは20バーツ札のバラマキも続けた。
 すると、店が「赤い拳銃式バラマキ機」を用意。 その中に札を入れてばら撒いた客は思わず「早い、早い(すぐなくなっちゃった)」。

 短期観光の日本人男性客が羽目を外す姿はよく目にするが、日本人女性がゴーゴーバーを楽しむ姿はあまり見ない。
 前日に「パタヤで遊ぶ欲求を持ちながら遊びきれなかった一人旅の女性」のレポを読んだばかりだったので、殻を打ち破って楽しむ日本人女性の姿は新鮮に見えた。

1/27文春オンラインCREAウェブ → http://crea.bunshun.jp/articles/-/14727
- -「パタヤの歌舞伎町」で女の子からゲームに誘われたら何が待っている?- -

1/24スタッフパーティー写真











2018年1月30日火曜日

1/27(土) ランウェイレポと嬢写真

【日時】
 2018/1/27(土) 23:15
【ダンサー数】
 ボード確認60人(うちPR9人)
【レポ】
 伝票番号110番。
 ドラえもんパーティー開催日。
 と言っても、頭に小さなドラえもんを載せているだけ。
 嬢数51人は立派。 レベルも高い。

 自称27歳の189番は2日目。 前にいたバカラでは26番だった。




1/30 クイーンクラブ







2018年1月29日月曜日

2月オープン予定「ミシュランガイド京都・大阪2018 ビブグルマン」【日本食】Gyo Gyo Gyo(ぎょぎょぎょ)

【最速で2/20のオープンを目指す】
【日本食】
 Gyo Gyo Gyo(ぎょぎょぎょ)
 行き方・距離・所要時間等はピンポイント地図 個別ページ
 http://www.pattayagogos.net/Pattaya_Map/Restaurant/Gyo_Gyo_Gyo.htm
【レポ】
 「ミシュランガイド京都・大阪2018 ビブグルマン(5,000円以下で食事ができる、おすすめレストラン)」として掲載されたラーメン店「ぎょぎょぎょ」がパタヤに出店。
 パタヤではラーメン以外に寿司や餃子も提供する予定。

1/27(土) エンジェルウィッチレポと嬢写真

【日時】
 2018/1/27(土) 20:55
【ダンサー数】
 目視13人
【レポ】
 伝票番号2番。
 2チームでトップレス1人、ビキニ系2人、コヨーテ10人。
 入店時は客ゼロでサービスたちは全員暇そう。

 735番以外は厳しいメンバー。
 ショー以外の見所は「滑り棒使用時の風になびく髪」のみ。



2018年1月28日日曜日

1/26(金)【シーフードビュッフェ】MYTT Beach Hotel(ミットビーチ ホテル)1階レストラン"The Kitch"

【シーフードビュッフェ】
 https://www.facebook.com/mytthotel/
 MYTT Beach Hotel(ミットビーチ ホテル)1階レストラン"The Kitch"
 行き方・距離・所要時間等はピンポイント地図 個別ページ
 http://www.pattayagogos.net/Pattaya_Map/Hotel/MYTT_Beach_Hotel.htm
【営業時間と開催曜日】
 17:00-21:30。「毎週金土はプロモーション料金」で始めたが、いきなり「毎日プロモーション料金」に変更された。
【お代は2コース】
 「アルコール類を含め飲み放題・食べ放題・税サ込みで2,000バーツ」と「アルコール類1ドリンク付き(+ペットボトル水付き)・『Wagyu又はロブスター』その他『生ガキ・エビ・カニ等食べ放題』・税サ込みで1,200バーツ」
【1/26実食レポ】
 個人的に食べたかった順位は
1,タラバガニ

2,生ガキ(フランス産と韓国産)
 アンダマン海産

3,生ホタテ貝柱(左下)

4,Wagyu(日本の和牛由来の豪産Wagyu)

5,ロブスター(動いているので「ビデオで撮った方が良い」と言われた)

 ビュッフェを目の前にすると逆に少食になるPGnetは、1,200バーツコースでアラカルトはWagyuをオーダーする予定だったが、食べ放題の中にWagyuサーロインステーキ(上記写真4)も含まれていることが分かったので、アラカルトはロブスターに変更。

  実際に食べたのは(ワイン1杯と水は料金(1,200B)に含まれている)、
サーロインステーキ
評価:普通

ホタテソテー
評価:予想通りうまい

カナディアンロブスター
評価:やっぱりうまくはない(ロブスターの味は好きではないので)

タラバガニ(Alaska King Crab)のはずなのにクズズワイ
評価:評価外(期待が大きかっただけにガッカリ度は半端ない)
生ガキ
評価:イマイチ(4個で終了)

【総評】
 タラバガニで腹を満たしたかったがアレでは無理。
 ホタテはうまかった。 4個しか食べなかったが、ホタテ集中攻撃にすれば、20個は余裕。
 肉(サーロインステーキ)とホタテをガッツリ食いたくなったら再訪予定。