2018年6月19日火曜日

6/21(木) エデンクラブ再開記念パーティー

当日はウェルカムドリンクを振る舞う(有料押し売りドリンクではない。システムに疎い人は料金等を要確認)
案内にある"MODELS SHOW"はおなじみの元ワッツアップ嬢たち


6/18(月) 新ゴーゴーバーPanda(パンダ)がオープン

6/18(月) アナベルズ跡に、これからもさらに増えそうな中国資本のゴーゴーバーPanda(パンダ)がオープン
http://www.pattayagogos.net/gogos/Panda.htm



2018年6月18日月曜日

6/15(金) イエスレポ

【日時】
 2018/6/15(金) 21:20
【ダンサー数】
 ボード確認53人
【レポ】
 伝票番号20番。
 再開2日目。 ステージは短くなり、両端はおバカステージに(トップレス)。

 コヨーテ2チームとトップレスになるモデル1チーム。
 立ち位置の移動がなく、同じケツや乳を見続ける。
 モデルチームの中には、ショートカットで肉付きが良い「金太郎をイメージする」モデルが1人。
 金太郎フェチにはタマランかも。

 客席は移転再開(2016/4/28)直後のビーチクラブ同様にソファー席となった。
 当時のビーチクラブ同様に、見知らぬ客との相席を嫌って、着席しないで出て行ってしまう客がいた。

 PGnet着席のソファー席の場合、先客が3人掛けのソファー席に座るファラン。
 3人掛けソファー席の反対端にPGnetが加わり、次に来たファランはシングルソファー席に座った。
 エロ接客を求める人にはキツイかも。

 22時までのハッピーアワーのルールも周知徹底されてない。
 外看板は次の4種類「ドリンク80バーツ」「ドラフトビールあり」「ドラフトビール無し」「Buy 1 Get 1 Free」。 何が何だか分からない。
 相席したファランはオーダーごとにサービスとトラブり、最終的にはボスに訂正させた。
「ドラフトビール」はテープで隠されているが80バーツ

 現時点では再開ご祝儀で女一杯。 2nd圏到達レベルの嬢数。
 お得感がある。

2018年6月16日土曜日

6/13(水) エレクトリックブルーレポと嬢写真

【日時】
 2018/6/13(水) 20:55
【ダンサー数】
 目視25人(うちPR1人)
【レポ】
 伝票番号108番。
 右ステージは全裸おバカマット嬢のみ。
 嬢数もレベルもイマイチ。

 ステージに上がったダンサー以外に、私服姿で客と出て行った嬢が計4人。
 2人はベテラン顔、1人はかなり若かった。



2018年6月15日金曜日

【ソイ6 S73 "4 Play"が休業】

【ソイ6 S73 "4 Play"が休業】
 https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/travel/10182/1407836714/63
 ソイ6地図
 http://www.pattayagogos.net/map/Map_Soi6.htm

 暫定的ながら「新ゴーゴーバー」として認定されるも、不安定な営業が続いた後に外壁の一部撤去があり、ビアバーとして再認定されていた"4 Play"。
 休業は既に数週間に及ぶ。

6/14(木) 再開→ 5/1(火) イエスが休業

5/1(火) イエスが休業

再開予定は5/16(ボスの話では「ステージ等の工事をする」)

5/15更新
 再開は5/20頃に延期。

5/19更新
 再開は6月に延期。

5/30更新
 再開予定日は6/3。

6/2更新
 再開予定日は6/8。

6/8更新
 再開は「そのうち」。
 「08」の上に紙が張られたが、再開予定日は記入できず

6/12更新
ん?これは何


6/13更新
 「6/15(金) 再開予定」

6/14(木) 再開

2018年6月14日木曜日

6/14(木) タントラ (おなじみ)コスプレパーティー案内と嬢写真

6/14(木) タントラ (おなじみ)コスプレパーティー案内と嬢写真











6/14 オフィス






2018年6月12日火曜日

6/14(木)~ アイアンクラブ、Le Pub(ルパブ)など【2018 FIFAワールドカップ ライブ観戦】

【2018 FIFAワールドカップ ライブ観戦】
【レポ】
 6/14(木)から始まる2018 FIFAワールドカップ。
 ビッグイベントなので、パタヤ全域で簡単に楽しむことができる。

バチェラー店内では飾り付けがあるが、テレビモニターがない。

系列のアイアンクラブでは「大型スクリーン(嬢の背後)でライブ放映する」

そのまま、人気の日本応援嬢と祝杯を挙げるも良し

 ウォーキングストリートエリアで一番力を入れているのは、やはりLe Pub(ル パブ)
 行き方・距離・所要時間等はピンポイント地図 個別ページ

 サッカーの母国イングランド出身で、サカキチとして有名なフィルがボスのビアバー。
 イングランド戦観戦は近寄り難いバーとなるが、日本戦観戦なら絶好のバーとなる。
ゴーゴーバーは営業時間の制限があり、全試合放映はできないが、Le Pub(ル パブ)では「ウォーキングストリートエリア最大のテレビ(75インチ)で、全試合を4K放映する」。

6/5(火) スーパーガールレポと嬢写真

【日時】
 2018/6/5(火) 20:55
【ダンサー数】
 ボード確認・目視共に33人(うちPR8人)
【レポ】
 伝票番号5番。
 明るいヘブンアバブから移動してきたが、スーパーガールのステージ照明はもっと明るい。
 これなら連れ出し時の「アレッ?誰?」はないはず。
 壁や天井などの「ベニヤ板感」も漂ってしまうが。

 立ち位置の回転速度は遅い上に、同一ルートをたどらない。
 センセーションズのシャキシャキ感と比較にならないテキトーダラダラ感。

 トップレスチーム12人はイマイチレベル。 明るいステージ照明が不要。
 例外もいるが、ビキニチームのレベルはアップ。
 なんといっても注目度ナンバーワンは727番。 明るいステージ照明に映える。
 いわゆる「色白、スレンダー、巨乳、天然体でタトゥーなし」、ただクールビューティってやつで表情は乏しい。
 ルックス面で競合嬢が多いパレス・タントラなど一部を除き、殆どどこに行ってもいきなり「人気嬢トップ3」入りは間違いなし。