2016年10月4日火曜日

10/3レポ ウィンドミル2階 新日本人マネージャー しょうた(タイネーム「ソーダ」)

【10/3から働く日本人マネージャー:(天然ボケ)しょうた25歳】
 タイ生まれでタイネームは「ソーダ」。
 タイ語は当然ペラペラ、但し英語はダメ(どうやってファラン経営陣と意思疎通を図るのか?マイペンライ!)。
 現時点での与えられた使命は「日本人客を増やすこと」。
 今でも若いが、もっともっと若い頃に「総合格闘技 関東大会3位(出場選手は3人ではない)」。
【日時】
 2016/10/3(月) 22:00
【レポ】
 伝票番号138番。

 以前は忍者で働いていた勝太。
 大変お世話になった忍者への挨拶を終え、(今、ウィンドミル系列の中で最も力を入れている)ウィンドミル2階へ第2の修業場所を移すことになった(たまにシュガーへ)。

 以前からボケ連発・アホ炸裂で周りをハラハラ・イライラさせることが多い勝太。
 本人に悪意はないが、こればかりは簡単には治らない。 ただ、一般日本人が持っていない優れた面も多く「(時々)非常に役立つ、頼りになる男」に変身する。
 基本的に憎めないキャラなので、ウィンドミル2階(営業開始時間は19時)に足を運んで「日本人客増加」="Shota works very well!"という印象を経営陣に与えてやってほしい。
 クビになる前に。

 暇そうにしていた勝太と話している間はファランに可愛がられていた「クールな目付きで貧乳の元Lisa嬢(現319番)」にドリンク進呈(170バーツ)。
 顔見知りであるが故に、いつも目も合わせなかった元リサ嬢はSキャラ。
 PGnetが決行した懐柔作戦で「スケ番」→「甘えっ娘」へと変身していった。

右から4人目(左から2人目は9/23レポの元マンダリン嬢)

 露出度が高いウィドミルに、他店から「コヨーテ」としてのイメージが強い嬢が移籍すると「お得感で興味津々」。
 以前の訪問時は思い出せなかったが、今日は「グラスハウスで見た」ことを思い出した妹系ネコ耳嬢19歳もそんな嬢の一人。
 この中 → http://pgnet-pattayagogos.blogspot.com/2016/09/914.html

10/4 ヘブンアバブ ハッピーアワー(アーリー,レイト)の案内と嬢写真

ハッピーアワー(19:30-21:30, 25:00-27:00)







10/4 グラスハウス